うつ病の方と家族の心のケア


うつ病に罹ってしまった場合、本人も家族にも大きな心の葛藤があります。
うつ病の方の症状としての無口は次第に口数が減り家族との楽しい会話も出来なくなって家族も不満になってしまい、何でもネガテイブに考えてしまううつ病の方をだんだん理解出来ずに家族間が深刻になってしまう場合があります。
本人にとっても、家族全体にとっても大きな問題になります。

この大きな原因として、家族のうつ病に対する知識や本人の状態への理解が不十分なことが問題なのです。

少しでもうつ病の症状に気が付いて医療機関への受診をすることが一番に本人のための最善策と思います。一日も早く治療をすることによってご本人も家族の心も軽くなるのではないでしょうか。
うつの方が受診される場合にはご家族の方もご一緒で症状などを把握して、ご本人の一番の理解者でありますように努めましょう。
そうすることによって、家族間の深い溝は埋まっていき、うつ病の方の心も穏やかになるでしょう。

うつ病に罹るきっかけになった事や症状とか回復するための時間というのは夫々に個人差があります。
もしも、回復していく時間が期待通りにいかない場合もたぶんにあると思いますが、そのことで家族の見守りが自信が無くなってしまうこともあるのではないでしょうか?
しかし、うつ病はきちんとした治療で多くの場合、回復していきます。
見守りに重点をおかずに、ご自分の楽しみを上手く取り入れて、ストレスを貯めない工夫をしましょう。


| Comment(0) | うつ病の接し方
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。