無視できない「うつ病」の評価の怖さ


うつ病に陥ってしまうことによって人生に大きなリスクや損失があります。
そう、うつ病になると気分はひどく落ち込み、何をやっても楽しくなく、やる気もおきません。
そんな状態が継続して何年も続くと考えたら、どんな人だってぞっとしてしまいますね。

社会的にも機能が低下したり評価されるどころか、「だらしがない」とか誤解される場合があります
うつ病としての自覚が無い場合はとても過小評価されて、苦しい立場に追い込まれることもしばしば
起こりますので、充分に注意しましょう。
うつ病は放っておいたら治りません!

気分はひどく落ち込み、何をやっても楽しくなく、やる気もおきない状態では、病気というイメージ
も無く、単にだらしないと思われがちになってはいませんか?

怖いのはうつ病は自殺との深い関係があるということ。
ここ数年、自殺は増加傾向にあり、年間自殺者は3万人を超えてしまいました。
そして、残念なのは自殺者の大半はうつ病にかかっていることです。
うつ病になると自責の念や死にたいという気持ちが強くなり、判断力も低下してしまうので自殺のリスクが大きくなります。

うつ病になってしまったら人生において本来、楽しめるはずの時間がうつ症状で苦しむ時間に置き換わってしまうので、人生において大きな損失が生じます。


自殺はうつ病の最悪の帰結ですが、うつ病は他にも人生の損失をもたらす可能性があります。
仕事の能率は落ち込み、仕事をこなせなくなったり判断力が鈍り、会社からリストラされたり、あるいは、家庭内での会話がなくなり、離婚の危機が起きる場合もあります。
うつ病の人生に及ぼす損失は大変なものです。

どうぞ、そのような状況にならないためにも是非一度医療機関へ行きましょう。
お一人で不安な状態の場合には家族の方や親しい友人などにご一緒に行かれることをお奨めします。

一日でも早い対応をして心身の健康を取り戻したいものですね。
うつ病 克服 支援:うつ病 自殺 判断力 評価
| Comment(0) | 現代うつ病の相談
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。