うつ病の治療と回復


うつ病と診断されてもなかなか長期にわたる治療は意外に根気がいるものです。
しかし、きちんと早期に治療を受ければ、比較的容易に回復できます。

中途半端なままで、未治療のまま放置すると、いつか症状が悪化したり不意の自殺の可能性もある深刻な病気へと変わってしまいますので治療はとても重要です。


うつ病の治療法は心の治療と薬の両方を治療することによって、元気な体になることがほとんどです。

誰にでもある気分の落ち込みも時間が経過すれば、だんだんよくなるのが普通です。
でも、その落ち込みが日を追うごとに深くなるようでしたら、是非医療機関に行く事をお勧めします。

そして、治療が必要なレベルのうつ病と診断されたら、心の落ち込みを回復するために、抗うつ薬による治療が不可欠になります。

いろんな問題を抱えていたとしても、落ち込んでしまった場合には困難のままです。
まず、一番に考えて欲しいのは治療を受けてください。

又、治療の方法として抗うつ薬以外の重要な治療法として精神療法や心理療法があります
お聞きになったことがあると思いますが、心理療法は「カウンセリング」と呼ばれることもあります。
医師や臨床心理士などと話をすることによって気持ちを楽にする効果があります。

医師や臨床心理士は話の内容を把握して、うつの症状を悪化させている思考に潜んでいる心理的要因を見きわめることができるのもこれからの治療のためによい結果が得られるのです。

はっきりした原因を見極めることによって、抗うつ薬による治療との相乗効果を得られるのでうつ病からの回復を少しでも早める事ができます。


もしも、少しでも自殺をほのめかすなどがある時や、自分では日常生活に支障がある場合など、うつの症状が深刻なときは入院が望ましいです。


誤解してならない注意点ですが、坑うつ剤に関してですが、うつ病などで気持ちが深く落ち込んだ気持ちを、坑うつ剤で高める薬という考えであれば、それは誤解です。


抗うつ薬は、即効的に気持ちを高揚させるのではなく、気持ちの病的落ち込みと深く関連している、脳内の神経伝達物質系の働きを調整する事にあるのです。

治療薬の効果は徐々に得られます。大体一週間近くかかるので即効ではありません。

すぐに気持ちの落ち込みが改善されないということは、後々、抗うつ薬に対する依存を生じさせない利点があるのです。

とにかく、うつ病と診断されたら、治療は焦ってはいけません。
穏やかに過ごすことが、治療の一部になりますので、自然に任せましょう。
うつ病 克服 支援:うつ病 治療 回復 心理療法
| Comment(0) | うつ病の対策
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。