うつ病の初期症状


うつ病の人がうつ病と診断される前の状態で、
気分がひどく落ち込んで楽しかったことに興味を持てなくなったり、面倒になってしまうことが多くなり、一日を体がだるくて苦痛を感じたりと、日常の生活に支障が現れるまでになってしまった状態さえも回りの人からみると気の持ちようだと思っている人もいます。

しかし、このような状態が続いた場合はきちんと医師診察をすることをおすすめします。
誰でも気分が落ち込む時はありますが、うつ病に見られる気分の落ち込みはそれとは別次元のもので、健康な人には想像し難いものだそうです。

うつ病の人の気分の落ち込みという状態は、誰でも起こりやすい日常的な軽度の落ち込み症状から重篤なものまであります。

◆うつ病の基本的な症状は以下のようなものです

.強いうつ気分の落ち込み症状
.興味や喜びが失なわれてしまった
.食欲の障害として食欲不振あるいは過食など
.睡眠の障害で不眠と過眠状態
.精神運動の制止または焦燥感が強く起こる
.疲れやすさ、気力の減退
.強い罪責感で涙もろい状態
.思考力や集中力の低下
.死への思い

うつ病は症状次第ではとても自覚しにくいし、まわりで見ていてもわかりにくい病気です。
きちんと医療機関での治療をすれば良くなる病気です。
ですから早めに気が付いて治療することが大切になります。

うつ病の方の症状の一つに、よくあることなのですが、症状は午前中にひどく、午後から夕方になると症状が改善してくることがよくあります。

なので、うつ病の症状が表れているときにはイライラしていたり、身体の痛みや倦怠感などの身体の不調が出てきたときには、うつ病であることに気づかずに性格の問題だと片付けてしまうことがあるので充分に注意しましょう。


うつ病 克服 支援:うつ病 初期症状 回復 落ち込み
| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。