うつ病はどんな性格の人がかかりやすいの?


慌しい現代の世の中で毎年うつ病が増加しています。

平成14年の調査によりますと、日本人の15人に1人が一生のうちで一度はうつ病にかかると言われています。

又、最近では若い世代に多いのは「非定型うつ病」が目立っています。
うつ病は珍しい病でなく誰もがかかってしまう可能性があります。
でも、実際に病院など医療機関へ診察を受ける人はほんの一部でしょう。
そして、うつ病の症状で身体の症状が同時に出ることが少ないので、自分がうつ病だと気づかないことが多いと思います。

うつ病はどうして起こるのでしょう

毎日の生活をしている中で何かのストレスを受けることがきっかけになって発病しますが、うつ病になりやすい性格や体質に大きく影響されるようです。

うつ病の仕組みはまだきちんと解明できてるわけではなく、
.うつ病になりやすい性質
.環境による要因があってにストレス

などが関係しているのです。
他にも、脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るという脳の機能の異常が生じることがわかってきています。

では、うつ病になりやすい性質とは

生まれながらに持っている素質と性格や考え方の二つがあって、素質はまだちゃんと解明されていないので性格や考え方の傾向を記載してみます。

しかし、うつ病になりやすい性格や考え方を持っているからと言って、必ずしもうつ病になるわけではありません。

うつ病になりやすい性格として具体的に考えてみましょう。


きまじめな性格の人
・几帳面な人
・どんな仕事にも熱心な方
・凝り性でとことん頑張る人
・責任感が強い人
・何をするにも細かくて徹底的にしないと気が済まない人
・辛くても限界まで頑張ってしまう人
・正直でごまかしができない
・対人関係をとても大事にする
(他人との衝突を避け、他人に尽くすが、自分の周囲が思うようにできる状態にならないと安心できない)

社交的な半面、気が弱いところもある性格


 ,社交的
 ,親切
 ,親しみやすく好人物
 ,善良
 ,明朗で活発
 ,静か
 ,気が弱い
 ,他者を優先させる
 ,さびしがり屋
 ,反省的

上記の中での性格で数が多い方は通常の生活においてもストレスを溜めないような状況を作ることがとても大切と思いますね。
うつ病 克服 支援:うつ病 性格 非定型 素質
| Comment(0) | うつ病の対策
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。