アルコール依存症 治りますか?・症状 (1)


アルコール依存症症状 は、本人だけでなく、本人を見ている周囲の人も仰天することもあるでしょう。

アルコール依存症の症状としては、

.自分の意志で飲酒のコントロールが出来なくなる。

アルコール依存症になった場合でも、何とかして適量のアルコールで済ませておこう、

.あるいは今日は飲まずにいようかと考えていることが多いのである。


ところが、一度飲み始めたら適量で終えるのは99パーセント不可能になると自分では分かっていても、もしかしたら今日は適量で済ませられるかもしれないと考えたりしても・・・・

アルコールを飲まなかったときに得られるメリットは飲む前に体感できないためにメリットを想像する力が不足していると、アルコールを飲むことによる快感の方を選択してしまうのが「アルコール依存症」の特徴である。

要するに、アルコール依存症になった場合は、メリットが確実に得られるという根拠が無いのでアルコールによる誤った思考判断によってそのように考えること自体が出来なくなっていたり、そうでなくともアルコールによる誤った判断によってアルコールで確実に得られる目先の快感の方を選択してしまう。


強迫的飲酒

しかし、本人がこれを継続し続けることで現状が確実に悪化していき症状もさらに進行することになるとは思っていないため、誘惑に勝つ必要性を見出しきれずに、明確な禁酒の意志までは持つことが出来ず、確実に快感を得られるアルコールの方を選択してずるずると飲み始めてしまう悪循環が続いていくのです。

そして、一度飲み始めたら自分の意志では止まらなくなって酩酊するまで飲んでしまう。

このような飲酒状態を「強迫的飲酒」という。

ほんの僅かなアルコールだからと思ってもの摂取すれば脳が麻痺してしまいます。

一滴でも飲み始めたらその後の飲酒の制御がほぼ不可能になるようなアルコール耐性が弱い体質となってしまうのです。
そして、いつの間にか 目が覚めている間、常にアルコールに対する強い渇望感が生じてしまう状態になってしまう。

アルコール依存症は、毎日の飲酒によりいつの間にか依存症としての状態が出来上がってしまいます。
アルコールが手放せない状態はもうすでに「アルコール依存症」ですね。
| Comment(0) | アルコール依存症のこと
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。