アルコール依存症 治りますか?・症状 (2)


アルコール依存症の症状が進んでくると・・・・

● 連続飲酒発作

アルコール依存症が進んでくると、「連続飲酒発作」という状態に陥ることもあります。

毎日飲まずにはいられない状況から、強迫的飲酒が進んでいき、常に酔っ払った状態となり体の中にアルコールを入れてなくてはならない状況やアルコールを体内に入れていないと調子が出ないと思い込んでしまい、勤務中でも医者に止められていても隠れて連続して飲酒を続けてしまう、「連続飲酒発作」を繰り返すのです。


● 山型飲酒サイクル

アルコール依存症で身体的な限度まで飲酒を続けて体自体がアルコールを受け付けることが出来なくなると、暫くは断酒するが、回復してくると又連続飲酒を継続するパターンを山型飲酒サイクルと言う。

このような状況に状態に進むとかなり重度の症状である。

会社でも友人関係や家族間にもいろいろとトラブルを起こしやすくなり、強く後悔したとしても、その事を忘れるために飲酒をすることになる。

やがては、飲酒量が増えていくと体を壊し内臓疾患を引き起こしたり、社会的にも経済的にも苦しむ事となり、そしてストレスを感じて、さらに悪循環を上乗せしてしまうのです。

飲酒量が極端に増えると、やがて自分の体を壊したり(内臓疾患など)、社会的・経済的問題を引き起こしたり、
家族とのトラブルを起こしたりするようになる。

それでさらにストレスを感じたり、激しく後悔したりするものの、その精神的苦痛を和らげようとさらに飲酒を繰り返す。
そして、その精神的苦痛を和らげようとさらに飲酒を繰り返す。

このように自分にとってマイナスになっているにもかかわらず飲酒し続ける行動を「負の強化への抵抗」と呼ぶ。
離脱症状(退薬・禁断症状)が出る。

幻覚(幻視・幻聴)も頻繁に起こる症状で、小さな虫のようなものが見えたり、いるはずのない人が見えたり、耳鳴りや
人の声が聞こえたりと症状は患者によって様々であるが、幻覚を全く経験しない人も多くいる。

患者にとってこれらは苦痛であるため、それから逃れるために飲酒をすることになる。
また、急性期の離脱症状を過ぎた後でも、怒りっぽくなったり、抑うつ状態になるなどの情動性の不安定な遷延性退薬徴候とよばれる状態が数か月続くことがある。

耐性の増大。
同じ酩酊を感じるのに要する飲酒量が増大する。または、同じ飲酒量での酩酊感が減弱する。



ウイキペディアより参考

| Comment(0) | アルコール依存症のこと
この記事へのコメント
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。