「うつ病」とはどんな病気なの?


うつ病でなくても、毎日生活していればいろいろな出来事をきっかけにして気持ちが落ち込んでしまったり憂鬱な気分になる場合があります。

でも、このような気持ちや気分は、原因が解決したり、気分転換をしたり、時間が経過することによって自然に回復していきますね。


ところが、原因が解決したとしても気分が回復しないで、強い憂鬱感が長く継続して通常の生活を送るのが困難になったり、又思い当たる原因が無いのに憂鬱の状態になるのがうつ病なのです。


●抑うつ気分

うつ病にかかると、気持ちの落ち込みや憂鬱な気分などを抑うつ気分と呼ばれる症状など共に、他に意欲が出ないとか考えがまとまらないなど、特徴ある心の症状(精神症状)が見られます。


又、うつ病の症状として、眠れない、疲れやすいという体の症状(身体症状)があります。


うつ病は「気持ちの持ち方」とか「弱気の心の」などで起こるものではありません。

うつ病は、脳の中の神経の伝達がうまくいかなくなるなどの機能の異常によって起きる病気なのです。、

うつ病のタイプに「気分障害」があります。

気分障害は、気分のコントロールが出来ず、日常生活に支障をきたす病気の総称です。

そして、気分障害は大きく2つに分かれ、「うつ病性障害」としてうつ状態だけが続く」ものと、「双極性(そうきょくせい)障害」とよばれる躁(そう)状態とうつ状態をくり返しすものです。

それぞれに治療法が違うので、区別して考えます。

うつ病性障害は、症状の程度や、症状が持続する期間によって

(1)大うつ病性障害と

(2)気分変調性障害に分けられます。

一般にうつ病と呼ばれているものは、大うつ病性障害と呼び、気分障害の中で最も多くみられます。

気分変調性障害は、抑うつ症状は軽いものの、これが長く続くタイプです。

双極性障害は、一般に「躁うつ病」と呼ばれています。抑うつ状態と、気分が異常に明るくなり、活発に活動する躁状態を繰り返すものです。


また、抑うつ状態がありながらも、うつ病に典型的な症状の一部がみられないものは「非定型うつ病」と呼ばれ、近年若い世代の中で目立つようになっています。
| Comment(0) | うつ病の原因

うつ病が抱える体の病気


うつ病の人が気分が落ち込むと、うつ病は生活の質を低下させてしまいます。何をするにも億劫となってしまい、仕事も趣味も今まで楽しかった事も楽しめなくなってしまっているでしょう。

そのような気持ちから睡眠も浅くなって、熟睡出来ずにいませんか?食欲不振もあるでしょう。
このように次第にうつ病は、生活のリズムも狂ってしまうこととなり、生活の質を低下させます。

うつ病の精神的なダメージはとても大きいですが、身体的にも大きな影響が出ますので注意が必要です。

うつ病になると、どうやって他の病気になってしまうリスクが高くなるのでしょう。

うつ病の原因ていうのは、脳の中の神経伝達物質の一つであるセロトニンが深く関与しています。
このセロトニンやうつ病時に増加しやすいストレスホルモン(ストレスに直面したときに体の中で分泌されるホルモンの事)の生理作用によって体の生理機能の変化が起こります。

例えば、あげられるものとして・・

.高コレステロール
.心臓の拍動リズムの変化
.血液凝固系の異常 (血液がドロドロしやすい)
.免疫機能 (体を細菌やウイルスなどの外敵から守る働き) の低下
.高血糖が高くなる

うつ病になって期間が長くなると他の病気へのリスクも大きくなるので、早期治療を心がけたいですね。

うつ病になった場合によく見られる現象で生活習慣のがあるのですが、運動不足や喫煙の増加や飲酒の増量と栄養の偏り (高カロリー、高脂肪の食品に偏りやすい)などは他の病気を一緒に引き起こしやすいです。

うつになると、心身共に生活習慣も変化したり、他の病気を起きやすくなりますが、うつ病は決して、稀な疾患ではなく、誰でもかかってしまう可能性があるのです。

言うまでもありませんが、早期発見、早期治療が大切ですね。
是非、辛いうつ病のサインは家族の方も、見逃さないように注意してくださいね。
| Comment(0) | うつ病の原因

うつ病発症の原因と初期症状


人は生まれながらにしてうつ病の方ていないですよね・・。
ある程度成長していろいろな環境の中の生活や社会に出てみて初めて不安感が続いたりいじめにであったりして徐々にその社会から逃れられずにいると、又解決出来ずにいる場合、「心の風邪」となり、やる気も元気も無くしてしまいます。

最初の頃は誰にも言えず悩むことも多いでしょうし、特に女性の場合は男性に比べて約2倍だそうです。
.又、生活の面で金銭面で借金が出来るとか困窮しているとかの苦労の重荷が生じている場合、誰にも相談出来ずに悩んでいる場合もあると思うのです。
他には、人生の幸せを思い、結婚したのに、夫婦のすれ違いなどで、別居になったり挙句のはてに離婚となってしまった場合・・・。

.子供の頃に受けたトラウマは子供が大きくなった時点でも心に刻んだトラウマは決して消えることがなくて、きちんとした心療内科でアドバイスを受けることをお勧めします。

.頼りにしたい友人作りが出来なくて都会に出てきての一人暮らしはいろいろな社会とのプレッシャーにも打ち勝てずに心の中で悲鳴をあげている場合もあります。
ましてや、体に慢性的な疾患がある場合にはどうしてもストレスを抱えやすいでしょう。男性より女性の方がうつ病に罹りやすい環境がそろってしまっているようです。

女性で一番ストレスの罹りやすいのは妊娠と出産に関る大事業がありますね。普段より妊娠や出産は女性のホルモンがアンバランスとなり、うつ病にとても不利な環境となってしまうのです。
出産後に育児と家事だけでもかなりのストレスを生じることがある訳ですが、その上に仕事をこなすとなれば、職場で対等の仕事をこなすとなるとかなりのプレッシャーを抱えます。大きなストレスのある環境であると思います。

以上のように、最初はとても幸せな時期であってもいろいろな生活環境や社会でご自分が太刀打ち出来ない心の葛藤から起こるストレスはやがてうつ病へと発展する場合があるのです。

ご自分の周りに話す相手もいなくて悶々としているうちにすっかり「うつ病」となってしまいます。

もしも、ご自分がうつ病かな?と少しでも感じられたら、直ぐに医療関係の専門の方に相談しに行きましょう。早いうちでしたら治るのも早いです。うつ病をこじらせてしまうと回復するにもそれなりの時間がかかるものです。

男性はとてもシャイですね。病院へ行って助けを求めることに非常に躊躇してしまうようです。
治療を受けずにうつ病をすっかりこじらせてしまうケースが多いので、ご家族の方や知人友人でも良いので専門家へ一緒に同伴されるのが良いかと思います。
うつ病がこじれてしまうと、家族は勿論のこと、折角病院の専門の先生との相談さえ難しいと思います。
| Comment(0) | うつ病の原因

うつ病、あなたは大丈夫ですか?


ストレスを感じるこの世の中で、ストレスを感じないという人はほとんどいないと思います。
職場での仕事のストレス、学校でのストレス、友人関係に親子関係のストレス、その他さまざまなことからストレスは生じます。

毎日何かしらの多少のストレスを感じて生きている現代人の多くがうつ病になっています。
WHO(世界保健機関)の調査では、うつ病は増加の一途をたどっており、人口の3〜5%もの人が
うつ病になっているという結果が出ています。
もちろんうつ病の原因はストレスだけではありません。しかし、うつ病とストレスは密接に繋がって
いるといえるでしょう。続き
| Comment(0) | うつ病の原因

うつ病の症状の特徴


うつ病はもしも軽い状態としても放っておいてはいけません。そのままにしておくことによって症状が悪化したり最悪、自殺をする原因ともなりかねない怖い病気ですから注意すべきです。

うつ病の症状には二つほど分けられます。
精神的な症状と身体的な症状とに大きく分けられます。

続き
| Comment(0) | うつ病の原因

うつ病って?


うつ病の症状て日常の生活している中で気分の落ち込みが起床して単に天候にも左右されてしまう場合はごく普通の人にもあると思うんですよね。
雨が降ったり曇りの日に何となく気分がブルーになってしまうことはありませんか?
晴れた途端に気持ちまで晴々として心までウキウキする事もありますね。
そのような自分にとってブルーな気分はごく普通にある正常な範囲なのです。
でも、「うつ」という症状は正常範囲を超えて日常生活にを大きく左右して深刻です。
続き
| Comment(0) | うつ病の原因
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。