冬期うつ病の季節・放置は深刻化します


冬期うつ病」といって、秋の終わり頃から新春にかけて、この時期にかけて体調不良を訴える人が多くなります。

この時期の特有の辛さが続いてしまうので発見されます。

放置しておくと深刻な状態になっていくのが「冬期うつ病」と言います。

日本大学医学部精神医学系主任教授の内山真さんが冬季うつについて解説しています。

◆冬季うつの特徴として・・

・炭水化物や甘いものが無性に食べたくなる。

・いくら寝ても眠った感じがしないこと。

・倦怠感と憂うつ感でなかなか寝床を出られなくなる。

・集中力ややる気が失せていつも眠い


◆冬季うつは、通常のうつ病と違う点は、

昼間時間が短くなり、目に感じる光の刺激が減ることで、精神を安定させる脳内物質、セロトニンが減り、うつ状態を起こすのです。

うつ状態になってしまった場合には、朝と日中、出来る限り太陽光を浴びるようにし、あまり深刻に生活の責務を課さないことです。

また、「冬季うつ」を理解し、自分の状態を把握するだけで症状が緩和されることもあります。

病院の治療でも、人工的な光を浴びる療法がとても有効。

昼寝をしてもよいので、朝、思い切って外へ出てみましょう。


昼と夜の時間帯が逆転している人がいますけど、気をつけた方が良いですね。

要するに、夜は寝て昼間は起きている自然体の生活て重要ですね。


又、特に注意しなくてはいけない点として、

3月ごろに自然に治るのが通常ですが、不安感にとらわれすぎると春以降にうつ病へ移行する場合もあるので要注意です。

2週間以上不調が続き、生活に支障が出るようでしたら一度受診をお勧めします。

長引かないことが大事です。

うつ病 克服 支援:冬期うつ病 季節 放置 深刻化
| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復

うつ病の初期症状


うつ病の方の初期症状としてあげられる事で疲れやすいという事と気力が無くなる事だと思うのです。
朝から何も体を動かしていないのにとても疲れていたり、体自身が非常に重くて何もする気持ちになれない・・

それもうつ病としての症状の表れです。

気力の低下が認められ、日常の生活さえもとても時間がかかり、自分の中では焦りはあるのですが、エネルギーを使い果たしたような気分なのです。

そして、一歩症状が進むと自分を根拠もなく責めたり過去の終った小さな出来事さえも思い出して悩むようになったりします。

又、一つのことにくよくよしてしまい会社でも心配のあまり、何度も同じことを確認したりすることがあり、会社の不況原因まで自分の責任のような捉え方をしたりして、自分のせいと考えたりします。

集中力が落ちてくると、気持ちがとても散漫となり、頑張ってきた仕事が出来なくなり、決断もスム

ーズに出来なくなって何も決められないようになる傾向が強いです。

そんな切ない状況を中年の方は自分の姿を、ボケてきたのではないかと不安になります。

実際に高齢者の場合は本当に痴呆のように見えることがあるのです。

真の痴呆と違い、抑うつ状態による痴呆のような症状は治療によって改善してよくなります。

そのような状態を仮性痴呆と呼んでいます。

しかし、間違えてはならないのは、痴呆状態がうつ病とならないように注意しましょう。

又、高齢者の場合ですが、うつ病を境にして痴呆を発症してしまい、一段と症状が進んでしまう

こともあるので充分に注意します。

| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復

うつ病の初期症状


うつ病の人がうつ病と診断される前の状態で、
気分がひどく落ち込んで楽しかったことに興味を持てなくなったり、面倒になってしまうことが多くなり、一日を体がだるくて苦痛を感じたりと、日常の生活に支障が現れるまでになってしまった状態さえも回りの人からみると気の持ちようだと思っている人もいます。

しかし、このような状態が続いた場合はきちんと医師診察をすることをおすすめします。
誰でも気分が落ち込む時はありますが、うつ病に見られる気分の落ち込みはそれとは別次元のもので、健康な人には想像し難いものだそうです。

うつ病の人の気分の落ち込みという状態は、誰でも起こりやすい日常的な軽度の落ち込み症状から重篤なものまであります。

◆うつ病の基本的な症状は以下のようなものです

.強いうつ気分の落ち込み症状
.興味や喜びが失なわれてしまった
.食欲の障害として食欲不振あるいは過食など
.睡眠の障害で不眠と過眠状態
.精神運動の制止または焦燥感が強く起こる
.疲れやすさ、気力の減退
.強い罪責感で涙もろい状態
.思考力や集中力の低下
.死への思い

うつ病は症状次第ではとても自覚しにくいし、まわりで見ていてもわかりにくい病気です。
きちんと医療機関での治療をすれば良くなる病気です。
ですから早めに気が付いて治療することが大切になります。

うつ病の方の症状の一つに、よくあることなのですが、症状は午前中にひどく、午後から夕方になると症状が改善してくることがよくあります。

なので、うつ病の症状が表れているときにはイライラしていたり、身体の痛みや倦怠感などの身体の不調が出てきたときには、うつ病であることに気づかずに性格の問題だと片付けてしまうことがあるので充分に注意しましょう。


うつ病 克服 支援:うつ病 初期症状 回復 落ち込み
| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復

気づきにくいうつ病の始まり・・


うつ病にかかっているかどうかの判断はとても難しいものです。気づきにくい初期のうつ病状態はほとんどの場合は、最初の頃には一日を過ごしている間にとても疲れやすかったり、気分の落込みがはっきりせず、頭痛、胸痛、息苦しさなどの体の症状が目立つ場合もあります。

意外なきっかけが元で気分の落ち込みが生じてしまうことってありませんか?いつもは落ち込みも無く
過ごしているのに、はっきりした気分の落ち込みが生じていることを自覚していませんか?
その気分の落込みが特徴のうつ病には意外なきっかけがあるのです。

●うつ病の 気付きにくいの初期症状「心の風邪」は治療を一日も早く!

うつ病に気を付けたい時は、辛い経験をした時ばかりではないのです。
例えば、職場での昇進がきっかけとなり、うつ病が発症してしまう事があるという事実。
職場で昇進すれば職場のまわりから祝福される訳ですけど、本人にとっては責任の重さを感じてしまい祝福されているのに、ご本人は元気が無くなっているような状態・・。

実は、ストレスの原因は辛い事が起きている事ばかりではないのです。良い事でも本人にとっては十分に心の準備ができていない時は大きな心の負担となる事があります。
又、他にも、結婚や出産など他の嬉しいできごとにも共通していえることですので心の準備をするときに、大きなリスクとして捉えてしまうと、気分が落ち込む原因となる場合があるので注意しなければいけません。

そのような気分の落ち込みにならないための心構えとしては、

.うつ病の始まりをちゃんと自覚することです。
良いことの出来事であるのに本人にとっての心の負担によって心身の不調が現れてしまい、食欲もなくて、不安とか緊張感が続き、今まで楽しんでいたことも楽しめなくなってしまい、睡眠、頭痛、胸痛、や動悸などの体調不良が続くのが特徴です。

そして、対策としては嬉しいことがあって気持ちが舞い上がってしまい興奮状態が継続することによって平常心を保てない、要するに心が緊張している状態になっていることです。
この心の状態を解き放つためには、リラックスすることが一番重要なのです、
体を動かすこと。散歩をしたりジムに通ったり、家族を団欒してリラックスして心の緊張感を少しでも早く開放しましょう。
そして、新しく訪れる環境に慣れますように行動しましょう。

体調不良をそのままにしておくことで、いつしかうつ病へ進んでいくことが多くあります。
体調不良のために会社へいくのが辛くなったり億劫になってだんだん自信がなくなったりして本格的にうつ病へとならないように普段から気をつけましょう。
だんだんとうつ病がひどくなると「死にたい」とう気持ちが発生してしまうこともあります。
自殺のリスクはうつ病では決して忘れてはいけない事です。
決して、軽くすることなく、きちんと医療機関で相談しましょう。

うつ病の始まりをちゃんと自覚しては早いうちに治療をすることがうつ病を重症化させない条件かと思います。
うつ病は「心の風邪」と言われる程、誰でもかかり得る病気ですので油断は大敵です。
| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復

気付きにくい「うつ」の初期症状とは


「今迄、とても楽しくしていた事が、何かのきっかけが原因で、何をやっても楽しくなくなり、疲れやすく、落ち込みもありやる気がおきなくなり普段通りの生活が送れなくなってしまう。」
あなたはこんな状態で不安でいませんか?

「うつ病」という言葉を耳にする機会が増えていますね。最近の傾向として、うつ病で精神科を受診される方は増加しているのです。
そのきっかけにはリストラなどに代表される職場のいじめや突然の異動問題、結婚や家族間の変化などが考えられます。うつ病は誰でもかかる可能性があります。

うつ病の症状といっても軽症である「疲れやすい」「何とはなくやる気がしない」という症状とは別に問題のある症状として「気分が落ち込んでしまい、全く仕事や家事が出来ない状態」などの重症の症状があります。
もっと、症状が進んでしまい、問題な症状は自殺願望の場合は問題が大きいと思います。

実際に、自殺者は6年連続3万人を超えていて、うつ病との関連が大きく、自殺を実行する際には精神的に追い詰められていて、重症のうつ状態になっていて理性的な判断が出来なくなっている場合です。

次に、どのような性格がうつになりやすいかを述べます

うつ病の原因は簡単に言いますと心が疲れてしまったことにあります。

●うつ病になりやすい人の性格としてあげられる点は

.頑固
.几帳面
.完璧主義
.まじめ


このうつ病に罹りやすい人の性格の頑固、几帳面、完璧主義、まじめさはある意味日本人の特徴とさえ言われています。
本当にけなげに几帳面で真面目にこなしてきた人たちは周りから信頼を得てこつこつと几帳面に仕事
をしてきたはずですね。
真面目さゆえに几帳面さゆえに周りのだらしなさに腹を立てたり不満に思ったりしませんか?
そうやって苛立ちが増えたり、周りからの期待にこたえようと頑張りすぎる傾向があります。
要するに「疲れやすい性格」になるのです。

疲れやすい・・と感じているときには、その現場がストレスの場となってしまいますから、普段からストレスを貯めない生活を心がけましょう。
うつ病は仕事や家庭などのストレスがきっかけとなって発症します。ストレスのかかる環境はうつ病には要注意です。


●特に重いストレスにはどのようなことがあるでしょうか?

.家族間の大きないざこざ
.配偶者の死
.離婚
.リストラ
.生活環境の急な変化(退職、引越し、転職など)
.重いローン
.大きな病気

ご自分で抱えきれない大きなストレスは大変に辛いものです。そして、ストレスが重なる毎にそれが過度の状態になるとやがてうつ病を発症してしまうのです。普段からストレスを貯めない生活習慣を心がけたいものです。
軽い運動やカラオケ、マッサージなどのストレス解消のテクニックを身に付けているとうつに大分強くなれます


| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復

うつ病の治療


うつ病の人の症状には二通りがあり心と体に夫々症状となって表れるのです。
その二つは精神的症状と身体的症状があらわれます。
続き
| Comment(0) | うつ病の初期症状と回復
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。