うつ病はどんな性格の人がかかりやすいの?


慌しい現代の世の中で毎年うつ病が増加しています。

平成14年の調査によりますと、日本人の15人に1人が一生のうちで一度はうつ病にかかると言われています。

又、最近では若い世代に多いのは「非定型うつ病」が目立っています。
うつ病は珍しい病でなく誰もがかかってしまう可能性があります。
でも、実際に病院など医療機関へ診察を受ける人はほんの一部でしょう。
そして、うつ病の症状で身体の症状が同時に出ることが少ないので、自分がうつ病だと気づかないことが多いと思います。

うつ病はどうして起こるのでしょう

毎日の生活をしている中で何かのストレスを受けることがきっかけになって発病しますが、うつ病になりやすい性格や体質に大きく影響されるようです。

うつ病の仕組みはまだきちんと解明できてるわけではなく、
.うつ病になりやすい性質
.環境による要因があってにストレス

などが関係しているのです。
他にも、脳の神経の情報を伝達する物質の量が減るという脳の機能の異常が生じることがわかってきています。

では、うつ病になりやすい性質とは

生まれながらに持っている素質と性格や考え方の二つがあって、素質はまだちゃんと解明されていないので性格や考え方の傾向を記載してみます。

しかし、うつ病になりやすい性格や考え方を持っているからと言って、必ずしもうつ病になるわけではありません。

うつ病になりやすい性格として具体的に考えてみましょう。


きまじめな性格の人
・几帳面な人
・どんな仕事にも熱心な方
・凝り性でとことん頑張る人
・責任感が強い人
・何をするにも細かくて徹底的にしないと気が済まない人
・辛くても限界まで頑張ってしまう人
・正直でごまかしができない
・対人関係をとても大事にする
(他人との衝突を避け、他人に尽くすが、自分の周囲が思うようにできる状態にならないと安心できない)

社交的な半面、気が弱いところもある性格


 ,社交的
 ,親切
 ,親しみやすく好人物
 ,善良
 ,明朗で活発
 ,静か
 ,気が弱い
 ,他者を優先させる
 ,さびしがり屋
 ,反省的

上記の中での性格で数が多い方は通常の生活においてもストレスを溜めないような状況を作ることがとても大切と思いますね。
うつ病 克服 支援:うつ病 性格 非定型 素質
| Comment(0) | うつ病の対策

うつ病の治療と回復


うつ病と診断されてもなかなか長期にわたる治療は意外に根気がいるものです。
しかし、きちんと早期に治療を受ければ、比較的容易に回復できます。

中途半端なままで、未治療のまま放置すると、いつか症状が悪化したり不意の自殺の可能性もある深刻な病気へと変わってしまいますので治療はとても重要です。


うつ病の治療法は心の治療と薬の両方を治療することによって、元気な体になることがほとんどです。

誰にでもある気分の落ち込みも時間が経過すれば、だんだんよくなるのが普通です。
でも、その落ち込みが日を追うごとに深くなるようでしたら、是非医療機関に行く事をお勧めします。

そして、治療が必要なレベルのうつ病と診断されたら、心の落ち込みを回復するために、抗うつ薬による治療が不可欠になります。

いろんな問題を抱えていたとしても、落ち込んでしまった場合には困難のままです。
まず、一番に考えて欲しいのは治療を受けてください。

又、治療の方法として抗うつ薬以外の重要な治療法として精神療法や心理療法があります
お聞きになったことがあると思いますが、心理療法は「カウンセリング」と呼ばれることもあります。
医師や臨床心理士などと話をすることによって気持ちを楽にする効果があります。

医師や臨床心理士は話の内容を把握して、うつの症状を悪化させている思考に潜んでいる心理的要因を見きわめることができるのもこれからの治療のためによい結果が得られるのです。

はっきりした原因を見極めることによって、抗うつ薬による治療との相乗効果を得られるのでうつ病からの回復を少しでも早める事ができます。


もしも、少しでも自殺をほのめかすなどがある時や、自分では日常生活に支障がある場合など、うつの症状が深刻なときは入院が望ましいです。


誤解してならない注意点ですが、坑うつ剤に関してですが、うつ病などで気持ちが深く落ち込んだ気持ちを、坑うつ剤で高める薬という考えであれば、それは誤解です。


抗うつ薬は、即効的に気持ちを高揚させるのではなく、気持ちの病的落ち込みと深く関連している、脳内の神経伝達物質系の働きを調整する事にあるのです。

治療薬の効果は徐々に得られます。大体一週間近くかかるので即効ではありません。

すぐに気持ちの落ち込みが改善されないということは、後々、抗うつ薬に対する依存を生じさせない利点があるのです。

とにかく、うつ病と診断されたら、治療は焦ってはいけません。
穏やかに過ごすことが、治療の一部になりますので、自然に任せましょう。
うつ病 克服 支援:うつ病 治療 回復 心理療法
| Comment(0) | うつ病の対策

日光と冬季うつ症状の関係


太陽の光が目の網膜を刺激すると、脳に信号が送られて脳内のセレトニンがの作用が増強し、体のリズムに関係するメラトニンの生産が抑制されるわけです。

これによって気分が良くなる・・・
ということが、太陽の光が気分を良くするという大まかな仕組みと考えられるのです。
そう思うと、私たち人間には太陽の光に当たることが如何に大事であるかが理解出来ますね。
続き
| Comment(0) | うつ病の対策

アルコール依存症は治療すれば治ります


うつの兆候として状態が2週間以上も続いているようでしたら要注意です。
例えばなんだか最近体がだるくて何をやっても気分が憂うつでやる気がしない。
又食欲もないし、めまいもする。もしかしたらそれはうつ病の兆候かもしれません。
またアルコール好きに人はうつ病になるとお酒に逃げてアルコール依存症になる人もいます。
アルコールはうつ病を知らせるサインの1つでもあります。
もし家族や友人が急にアルコールの量が増えたときは、うつ病としての判断基準として考えましょう。続き
| Comment(0) | うつ病の対策

うつ病は病気です


うつ病の人の症状が軽度の場合は日常生活をしている中ではあまり大きな支障がないので本人自身にも自覚があまりないので、また周囲も気づかないことが多いです。
しかし、うつ病は気づかれていないだけで多くの潜在的な患者がいると言われています。
WHO(世界保健機関)の調査では人口の3〜5%もの人がうつ病であるという結果が出ています。

いつしか日常的に気持ちのモチベーションも下がって無気力状態が続き、何事にも無関心になってしまううつ病は、悪化すると日常生活に支障をきたすことになります。

続き
| Comment(0) | うつ病の対策

うつ病になりやすい人と予防対策


普段、生活していて何でもなかった人が急にうつ病を発症することがよくあります。
それは、生活のバランスが大きく関係していると思うのです。
無理をしつづけて生活のバランスが崩れたり、生活に変化があったりするとうつ病になりやすいようです。きっかけや原因があるようです。
離婚、リストラ、転職、引越し、いじめ、親しい人の死、病気、多額の負債、
過労、妊娠、流産などはうつ病のきっかけとなる場合があります。続き
| Comment(0) | うつ病の対策
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。