うつ病の方の薬の服用について


うつ病に罹っても罹らなくても、誰だって薬を飲みたいと思う人はいないでしょう。
医療機関から処方される抗うつ薬などの向精神薬(精神疾患に使用する薬)を多くの方が服用することに抵抗感を持っています。

もしも、そのような気持ちがある場合などはかかり付けの専門医にきちんと相談して納得をして服用するようにします。出された薬が飲む前から薬は役に立たないと決め付けるのは飲んでみないと、役に立つかどうかはわかりませんし、悲観的すぎる考えではないでしょうか。

うつ病で、気分が沈み込んでくるとすべてにマイナス思考になり、薬物療法やいろいろな治療法に対しても悲観的になりやすいです。
どうしても、マイナス思考からも薬物療法に対しても実際に服用する前から効果がないと決めつける場合が多いのです。


又、向精神薬を飲むと依存症になってどんどん薬の量が増えていってしまうのではないだろうか、習慣になって止められないのではないだろうかと心配になるようです。

しかし、依存の心配はありませんし、むしろ中途半端な量を飲んだり、飲んだり飲まなかったりすると症状が長引くことになるので、医師の指導を受けながら服用することが重要です。
一日も早く良くなるためにも中途半端な飲み方は絶対に避けましょう。

気持ちが沈んだりマイナス思考でいたり不眠に悩まされたりする場合にアルコールなどで気分転換をしようという方も多いかと思います。

でも、アルコールは、たしかに一時的に気分が晴れるかもしれません。でも結局はうつ病を引き起こしますし、眠りも浅くします。アルコールは依存になりやすいです。

もしも、坑うつ剤を服用している場合には、薬との相互作用で心身両面にいろいろな作用が出ることがあるので気をつけなければなりません。

うつ病とアルコール依存の併存は自殺の危険性を高めますということを知ってください。
決してアルコールに頼ることは避けましょう。

薬は、飲めば即効に治るとか効果を期待してしまいがちになりますけど、しかし抗うつ薬は飲んですぐに効果が現れるわけではなく、効果が現れるまでにある程度の時間がかかることも覚えていただければと思います。
すぐに効かないとがっかりして飲むのをやめてしまう人もいますが、途中で止めてしまうのは症状は決して良くなることは無いので、薬への判断は必ず医師に相談しながら決めてくださいね。




| Comment(0) | うつ病の薬

うつ病の薬のこと


うつ病の薬を飲むことによって得られる効果で代表的なことは、うつ病のために沈んでいる気分を元気にして、不安感を安定させてくれることでしょう。

家庭の中や社会においても気分が不安定ですと、本人はとても辛いものです。
そして、本人しか理解出来ない沈んだ気持ちを毎日をどうすることも出来ずに悩み苦しんでいるのです。

医療機関で処方される薬は症状に応じて様々です。
薬ならどれでも良いという訳にはいかないのです。
続き
| Comment(0) | うつ病の薬
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。