うつ病だからと言って励まさないで!


いつも、あんなに元気だったのに・・・
朝起きるのがつらい、食欲が無い、出勤が億劫・・・
楽しかったことに興味が湧かない等など
といろいろな条件がそろってしまい、
本人に辛さはもとより、一緒にいる家族も心配のあまり励ましの言葉を発し続ける事があると、がんばれないことに悩んでいる相手に励ましの言葉をかけると、かえって相手を追い詰めてしまう結果になりやすいので要注意です。

頑張りたくても頑張れないのですから、本人もつらいのです

頑張りたくても頑張れなくなってしまうのが、うつ病の症状の一つなのです。
がんばれないことに悩んでいる相手に励ましの言葉をかけると、逆にうつ病の方を追い詰めてしまいます。励ましの言葉には注意をしましょう。

例えば、

.頑張ってね!
.いつものように笑顔を見せて!
.元気を出そうよ


どんな対応が望ましいのでしょう

うつ病の方を絶対にうっとうしいと思わずに、しっかりと相手の話をとことん聞いてあげる事がとても大切です。

うつ病になるとちょっとしたことでも気持ちが不安定となってしまい、自分の周りにも強く反応して感じやすくなります。
例えば、単に愚痴であっても、話をさせることが大事であり、聞いてもらえると思うだけで心が軽くなるのです。
一生懸命に話をしているときには、ひたすら聞いてあげましょう。口は挟まずに聞く事が大事です。
決して励ましの言葉は必要ありません。
言葉ではなく、緊張している心とからだをせめて背中をさすってあげて、スキンシップを心がけてあげましょう。

たいていの場合は治療を継続しているうちに症状は改善していくでしょう。
焦らずに気長に見守っておげましょう。
| Comment(0) | うつ病の接し方

「頑張って!」は言わないで!


どんな人にも日常生活を送る中で一日中、又は一年中を元気で人生を謳歌しながら送っている人は滅多にいませんね。

少なからず、朝起床時や出勤前や天候でさえも、そして人とのやりとりするときなどや出かけたくない場所だったり、そんな単純に思えることもその日に気分が落ち込んだとしても、数日もすればいつの間にか、いつもの通り元気に回復するものです。

イライラした気分の時の会話はちょっとしたタイミングでムッ!とした態度で接してしまうでしょう?
でもいつまでも気持ちを引きずったりしないと思います。

しかし、同じイライラした気分でも、うつ病の方はとても敏感に反応してしまいます。
何気ない態度や言葉で、うつ病の方は深く傷付いてしまったり、気遣いのつもりが、追い込んでしまう結果になることもあります。


うつ病に罹っているときには、今迄何でもない事や気分の落ち込みにとても不安な状態にいます。
そんな不安な気持ちもあって、つい甘えた気持ちが大きく本人も周りにいる家族や友達も心配しているのです。

殊に家族はそんなうつ病でいる本人を励ます気持ちで本当は言ってはならない言葉や態度を投げかけてしまいがちで、よけいにネガティブな気持ちに落ち込むことがあるので気をつけなければいけません。

例えば、

.そんなの、たいしたことは無い!誰でも気分は落ち込むもの!
.いったい、どうしちゃったの?
.落ち込んでるなら、カラオケでも行きましょ!
.くよくよしたりメソメソしないで!


うつ病をとても軽くおもう発言はするべきではありませんし、無責任な気持ちを与えてしまいます。

又、うつ病になるといろいろな欲求が低下することが多く、食欲が低下したり、夜誘ってもさっさと拒絶されたり、何事も億劫になることが多くなってしまうのです。
そんな様子から、家族からはだらしない人とかぐうたらしてると思われていることもあるようです。

そのような落ち込んで自信も失っているうつ病の方に向かって、感情的な言葉や態度は、ますます冷静でなくなりますので、要注意です。


例えば

.頑張って!

.ダラダラしないで!

.気合が足りない

.いい加減にしたら?

.私を困らせたいの?

.あなたのために作ってあげたのに!

.何かしたら?


本当は、励ますつもりで投げかけた言葉が、うつ病の方に直接にめんと向かってしまうことは、よけいに不安感が強くなってしまい、冷静さも失うことになりがちです。
そのような場合には感情が落ち着くまでそっとしてあげましょう。

励ましたつもりが、逆の方向へ進まないように励ましの言葉には充分に気をつけましょう。
うつ病 克服 支援:励ましの言葉 うつ病の接し方
| Comment(0) | うつ病の接し方

うつ病の「喪失感」について


うつ病になる場合の代表的な症状として、「憂鬱」な気分があげられます。
喪失感を抱くようになることで、憂鬱な気分に支配されてしまうと、その気分のままで過ごすこととなり、希望が持てなくなり、つい悲しくなってしまう状態から抜け出せずにいるようになることです。

そのような喪失感を抱くようになると、自分の興味とか喜びの感情を失ってしまい次第に自分の世界に引きこもり、外との交流を断つようになります。
今にも泣き出しそうな憔悴した雰囲気は家族や他人にも充分に伝わるので、充分に注意しましょう。

うつ病になると、その症状は午前中に顕著にひどく、夕方になるにつれて少しずつ改善されるようです。

倦怠感などがつらく、イライラしたり怒りっぽいこともありますので注意しましょう。




喪失感の状態

.訳も無く悲しい状態が続く

.希望や夢を持てない

.楽しんでいた趣味に興味が無くなる

.人と会うのが億劫になる。

.会話をしたくなくなる

.好きだったテレビや読書にも興味がなくなる

.性的な関心や欲求も著しく低下します

以上の状態が見られるようでしたら、医療機関に行くことをお勧めします。

早めの治療が辛いうつ病から開放されるのですよ!

うつ病 克服 支援:うつ病 喪失感 倦怠感 早めの治療
| Comment(0) | うつ病の接し方

うつ病の方と家族の心のケア


うつ病に罹ってしまった場合、本人も家族にも大きな心の葛藤があります。
うつ病の方の症状としての無口は次第に口数が減り家族との楽しい会話も出来なくなって家族も不満になってしまい、何でもネガテイブに考えてしまううつ病の方をだんだん理解出来ずに家族間が深刻になってしまう場合があります。
本人にとっても、家族全体にとっても大きな問題になります。

この大きな原因として、家族のうつ病に対する知識や本人の状態への理解が不十分なことが問題なのです。

少しでもうつ病の症状に気が付いて医療機関への受診をすることが一番に本人のための最善策と思います。一日も早く治療をすることによってご本人も家族の心も軽くなるのではないでしょうか。
うつの方が受診される場合にはご家族の方もご一緒で症状などを把握して、ご本人の一番の理解者でありますように努めましょう。
そうすることによって、家族間の深い溝は埋まっていき、うつ病の方の心も穏やかになるでしょう。

うつ病に罹るきっかけになった事や症状とか回復するための時間というのは夫々に個人差があります。
もしも、回復していく時間が期待通りにいかない場合もたぶんにあると思いますが、そのことで家族の見守りが自信が無くなってしまうこともあるのではないでしょうか?
しかし、うつ病はきちんとした治療で多くの場合、回復していきます。
見守りに重点をおかずに、ご自分の楽しみを上手く取り入れて、ストレスを貯めない工夫をしましょう。
| Comment(0) | うつ病の接し方

うつ病をあせらないでゆっくり見守る


うつ病の方が回復する上でとても大切なことは、身近にいる家族の存在とサポートが重要になります。
うつの方をゆっくりと本人の歩調に合わせたサポートは大事であり、見守ってあげる事は本人も安心して回復期を迎えるでしょう。

焦らずに見守るということは、うつの症状が良くなったり悪くなったりと症状がなかなか改善しないと、見守るご家族の方も「どうして、良くならないのかな」気持ちが焦ってしまう事も度々でしょう。

うつ病は治療で良くなっていく病気なのですが、即効によくなる病気ではないために焦りがちになるかと思いますけど、抗うつ薬の効果が現れるまで、最低2週間程度かかります。
しかし、抗うつ薬に即効性がない事は、抗うつ薬に対する依存が生じないという利点でもあります。
なので、辛いのは一番にご本人だということを理解してゆっくり見守ってあげて欲しいですね。

●うつの方への気配りをしましょう

うつの方の症状が芳しくないときには、ご本人はとても無口ですし、室内に篭りがちになる場合が多いです。
外の天気は晴れていて、せめてお散歩ぐらいはどうかなと誘ってみても良い返事がもらえずにがっかりすることもあるかと思います。誘っている家族に方は自分に気持ちが通じないことにジレンマされるかもしれませんが、あまり気にされないようにしましょう。
うつ病になると、今まで楽しんでいた事を楽しめなくなっていて、とても臆病になっているのです。
「うつ病」という病がこのような態度をしているのだと理解してあげられたら良いですね。


●うつ病の方の食事を大切に

うつ病にかかるといろいろな事がダウンしてしまいますが、その中の一つに食欲の減退があります。
食欲が無く、食べていても美味しいと感じられなくなります。
家族の方達はそんなご本人を思うと本人は元より家族も辛い日々となります。
栄養バランスの良い食事を見た目にも気を配ってあげて少しでも美味しく思える食事の配慮も心がけて健康な体つくりも大切な条件です。
本人が少しでも外出出来る場合は、ご一緒に散歩や好きな場所に行き、ストレスを貯めない工夫をして乗り切りましょう。


毎日の家族のサポートはとても大変なことです。
少しでも、一日でも早く良くなってもらいたいと気持ちは焦るかもしれません。
家族はその事で頭がいっぱいになってしまう可能性もあります。ご自分を犠牲にして献身的な尽くし方をして、ご自分の楽しみを全て後回しにしていたら、いつか自分が燃え尽きてしまいます。
うつ病の方を思いやり見守ることは非常に大切ですが、ご自分を犠牲にした生活は長続きしません。
ご自分の人生の楽しむ部分を大切にしてストレスを貯めない工夫が必要でしょう。

うつ病は現在の世の中でストレスを多く生む社会で、心の風邪とも言われています。
簡単に罹ってしまう病気で人生の中でなかなかスムーズに避けられないかもしれません。
本当に、明日だって遭遇する可能性だってあるわけです。ですから、いつもあわてないように病の知識を知っておいてくださいね。
| Comment(0) | うつ病の接し方

うつ病の方との接し方と注意点


ご自分の家族がうつ病と診断されてしまうと。本人もそうですが、家族もどのように接して良いのかあわててしまうことも多いのではないかと察してしまいます。

うつになると気分の落ち込みが強く、急に人が変わってしまったように性格が変わることも少なくありません。
自分の大切な家族の方がうつ病を早期発見し、正しく対処できるように、うつ病について知っておくべき注意点をあげておきます。

●うつ病の前兆というか、ほんの家族の方がわかる小さな気づき

.「疲れた!」とすぐに疲れを口にするそして、疲労感が見られる。
.これまで好きだったものにも興味を示さなくなった
.眠れない・眠りすぎなどを訴える(不眠・過眠を繰り返す)
.口数が少なくなる
.セックスに興味がなくなる
.食欲がなくなる
.飲酒、タバコ、コーヒーの量が多くなる
.一日のうち、朝方の調子が特に悪そうに見える

どうでしょうか?
このような症状は無いですか?

自分の大切な方がうつ病を早期発見し、正しく対処するためにも普段からチェックをして気をつけてあげましょう。

●うつ病の原因は

脳の中のセロトニン系の神経伝達物質が不調となってしまい、うつ病となるのです。
坑うつ剤による治療で比較的に早くよくなりますが、決して自分の力で治る病ではありません。
受診を怠って放置しているとうつ病の症状は重症となり回復までに相当の時間がかかってしまいますので見逃さないことです。

●うつになるきっかけは?

うつ病になる前には必ず「きっかけ」がある場合が多いです。
たとえば。

.会社での転勤とか異動や引越しなどの環境の変化が生じたとき。
.肉親が亡くなられた場合に辛い出来事が生じた場合など。
.大切な家族同様のペットが亡くなった場合も辛い経験となります。

急に辛い経験によってうつ病のリスクが高くなります。
落ち込んだ具合が高いですか?

そして、きっかけから立ち直れずにうつ病としての症状が出ている場合には受診をお勧めします。
家族が付き添って本人の様子の変化を医師にも伝えましょう。
本人は口数も少ないでしょうからコミュニケーションが取りにくくなっている場合があります。


| Comment(0) | うつ病の接し方

うつ病の人と接する時の注意点


うつ病にならないためにも焦りったり自分を責めたりしないことです。
うつ病にかかりやすい人は焦ったり自分を責めたりしてしまい心に余裕がなくなっています。

家族や親しい人が接する時は注意をする必要があります。

●うつ病の人と接するときの注意点がいくつかあります。
続き
| Comment(0) | うつ病の接し方
MovableType
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。